鉄瓶の特徴

スポンサードリンク
本来の製法によって作られた鉄瓶は、機械生産ではなく、ひとつひとつが丹念な手作り。厳選された鉄が使用され、手作りの鋳型からのみ得られる自然な風合いや、表面に錆び止めとして漆(黒漆や生漆)を焼き付ける処理による艶があの独特の質感を生み出します。

この漆と地鉄のコンビこそが、使い込んで手入れをしていくうちに、その使い込みの状態、手入れの状態によって、作られたばかりのときにはなかった、その鉄瓶固有の表情を見せるようになっていく要になっているんですね。

お湯を沸かす上で重要になる内部にしても、錆び止めの酸化皮膜を作る焼き付け処理が行われ、この酸化皮膜によって湯の中に混じっている様々な物質が沈着した「湯あか」が付着していくことで、赤錆びの発生をより抑えてくれるようになります。

また、この「湯あか」は沸いたお湯がすっきりと美味しく感じられるようにしてくれると考えられ、これが、使い込むほど「鉄瓶で沸かしたお湯はおいしい」という評価を得ている大きな理由のひとつになっているとも言われています。

そして鉄瓶の大切な一部である鉉(つる)もまさに芸術作品で、鉄を叩いて少しずつ丸めて中が空洞になるように作られる「袋鉉」呼ばれものを使用。お湯が沸いたときでも素手で持つことができるのも、熱伝導を考えたこの袋鉉のおかげなんですね。
posted by IKettle | 鉄瓶について

鉄瓶について

スポンサードリンク
日本の伝統工芸である鉄瓶。古くから日本人の生活に馴染んできた道具であったわけですが、手軽なアルミのヤカンや西洋式のケトルが広まるにつれて目にする機会が減っていき、今では日常的に見かけることはほとんどありません。

でも今、鉄瓶の良さが再認識されつつあります。理由は、”必要とされる本当に良いものは、時代を超えて受け継がれる”といったところにあると思いますが、その要素として鉄瓶が持つ鉄地肌の美しさや独特なデザイン、鉄器ならではのまろやかな湯を得られるといった実用性に焦点が当てられているようです。

たしかに、鉄瓶には独特の存在感というものがあり、特に使い込まれたものなどでは使われた年月そのものが鉄瓶の味わい(表面のさびの具合や色合い、また内側の湯あか)となって現れている点が、単に古ぼけた道具にしてしまわない大きな要因であると思います。

もともとが茶道具であった茶釜に起源をおく道具なので、茶道で重要となる「わびさび」の心と通じる部分が、そういったところに得も言われぬ良さを感じさせるのかもしれません。時代劇などで見かける欅の長火鉢にかかった鉄瓶なども、何故か郷愁をさそわれます。鉄瓶から立ち上る湯気を見ているだけで、幸せな気分にもなります。

理由はともあれ、鉄瓶には人の心を惹き付ける特別な何かがあることは、間違いありません。
posted by IKettle | 鉄瓶について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。